前々年度以前のマスターの独り言はここをクリック
    前年度のマスターの独り言はこのページ右側の年月をクリックしてください

                                     TOTAL

すんき漬け

   
今日は用事のついでに「すんき漬け」作りの作業を見学
  いや〜感想一番 大変です(笑)

家庭用ではなく業務用のすんき作りなのですが
  手間はどの家庭も業務用でも同じ! 機械がない分、家庭では手間かかりそうです。

  ここではPH計や温度計を使って均一化していますが、この手間と勘の部分が
  家庭毎の味付けになるのでしょうね

ちょっと工程をご紹介します

  ,泙困呂垢鵑漬けの材料の「カブ菜」をきれいにきれいに洗います
   
   これが大変! 冷たい水で3回は洗います
   家庭では開田のきれいな川の水で洗ったりするときもあります

  ⊆,縫ブ菜の葉っぱの部分を3cmほどに裁断。カブの部分も細かく
   切ります
    
   今回は刻みすんきなので切りますが、まるまま漬ける場合もあります
   家庭では包丁で切断!作る量が凄いので切断機などがないと無理ですよね(笑)
    

  お次は漬け込む樽に入れるのですが、その前に刻んだすんきをお湯で温めます
   ここの部分の温度・時間は経験がものを言いそうです
    
   漬け込む樽には事前に作った種すんきと新しく刻んだすんきを交互に
   サンドイッチのように積み重ねていきます
   種すんきが新しく刻んで入れたすんき菜を発酵させてくれます
     家庭では前年のすんき漬けを、乾燥したり冷凍したりして保存し
     種すんきにします
    
    
   温度管理も大事なようで、上の写真のように温度を確認しながら作業です
   また種すんきもPH計で測りながら配合されてました

マスターもすんき作りを見るのは初めてなので、理解した範疇で説明してるので
   説明の至らないとこがあればごめんね〜

一樽は150kg 重い!  一週間もすれば立派なすんき漬けができます
この作業が年末まで続くそうです

今日は開田のそば公社で販売している すんきの作業を見学しました
途中で頂いた種すんき 旨かった〜
この時期の若いシャリシャリとした食感と酸味 いいですね〜

   通販で購入もできるので どうぞ! 購入できるのはもうちょっと後です

   かいだそば 開田高原振興公社 



関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

Cafe KaZeのホームページは

  profilephoto

profile

search this site.

others

mobile

qrcode